ネガティブ思考の自分がブログを始めた経緯

物語に例えるとプロローグ
f:id:otakulifejp:20170711050150j:plain
 今回は、私がブログを再開することになった経緯をストレスやネガティブ思考の話題と絡めて綴っていきます。

これまでの旧ブログ「MY ZONE」は……。

f:id:otakulifejp:20170711050243j:plain
 2017年3月1日、第一志望の大学に落ちて滑り止めの学校に行くことになり、テンションだだ下がりの私は自分を変えるためブログ「MY ZONE」(リンク先はブログ跡地)を始めました。

 ブログの強みとしていたのは「パワーレンジャー」や「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」のようなあまり日本で話題にならない海外の特撮作品についての記事。

 個人的には毎日の更新をちゃんとやっており、そこそこの評価をもらっていたのですが……。

 転機は4月末でした。

 多忙と花粉症が原因で体調を崩し、「一度スケジュールを見直そう」という理由でブログを休止。

 以降、この記事が公開されるまで全くブログの活動がありませんでした。

自分を苦しめるものの正体

f:id:otakulifejp:20170711050436j:plain
 色々考えたり、読書生活を始めたりして、気づいたことがあります。

 体調を崩す原因になったり、今まで自分を苦しめていたものの正体は「ストレス」と「ネガティブ思考」だったのです。

 思えば私は中学生頃からネガティブ思考だったと思います。

 少しのミスで注意されると、それを重大なミスのように思え謝罪を繰り返したり、相手に批判されただけで自尊心を砕かれてしまったり、そういったことを繰り返してだんだん自分のことが嫌いになっていきました。

 さらに、こんな性格ですから周りから人がどんどん離れていき、人見知りを更に拗らせてしまったり、勉強を満足にできなくて学業成績が大変なことになってしまったりと、自分の身に降りかかる悪いことはこのようなことが原因と思うのが普通の判断のようにも思えます。

ネガティブが生み出す悪循環

1/12 らせん階段(ベース無) プラモデル
 ネガティブが生み出すらせん階段のような悪循環はたちまち人の行動や努力の機会を奪っていきます。

 この仕組みを勉強に例えると分かりやすいでしょう。

 まず勉強をやっていくと、ある部分で躓きます。勉強をしている上で分からない部分が出るのは当然のことですよね。

 ここで人は「何故解けないんだろう?」とか「何故間違ったんだろう?」と原因を探ります。

 そして、ネガティブではない人は原因を見つけてそれを活かし分からない部分を克服するものですが、ネガティブはそうはいきません。

 まず一番単純なのが、原因も探そうとせず「こんなのも分からない俺はなんて無能なんだ」と嘆くことです。

 自分で書いててアホらしいと思ってしまいますが、実際にこのような思考をしていたことがあります。

 次に、原因は見つけたものの、その原因があまりにもしょーもな過ぎて(ケアレスミスなどそのようなものも含む)、「こんなところで間違う俺ってなんて無能なんだ」と嘆き、失敗を次に活かさないなんてのもあります。

 せっかく原因を見つけているのに自分の無能さを責めて全て駄目にしているんです。

 これにより成長の機会を失っているのはとてももったないですよね。

 これを繰り返したり、成長しない自分を成長した他人と比較して「俺はなんて駄目なんだ」と感じたり(そもそも成長したものと成長してないものを比較する時点で勝ちは見えてるはずなのに)、これが何ヶ月も何年も続くことで、深いネガティブの沼にハマっていき、そのうち抜け出せなくなってしまうのです。

ストレスが健康を壊す

f:id:otakulifejp:20170711050612j:plain
 このようなネガティブ思考の人間の生活は非常に暗いものです。

 自分に自信がないので、楽しめるものも少なく、つまらないと感じながら時間を感じるだけの生活を続けているのです。

 これだけならそういう価値観だと受け入れられるため、何の問題もないのですが、一番問題なのはそんな中でも「自分はいつか強くなる」みたいな願望を持っている場合です。

 つまり私のことなのですが、負けず嫌いで劣等感をあふれるほど抱えていると、それがストレスとなり、たちまち健康被害が出ます。

 寝ても寝ても元気にならない睡眠障害のような現象(自分の場合は運動しないのも理由の1つではあるが)や、ストレスで過食になって肥満になる、といった具合に。

 結果、ネガティブ思考だけならまだなんとかできたものの、それにストレスが絡むことでネガティブの沼から手が生えて足を掴んでくるような状態となってしまったわけです。

 このような状態になると、いざ抜け出そうとしてもその大変さで諦めてしまいます。

 そうして更に沼の深みへと落ちてしまうのです。

解決策としてブログを始めました

f:id:otakulifejp:20170711050653j:plain
 よく人に言われたことがあります。

 「お前はバカだ」「お前って何もないんだな」「お前を見てると可哀想になってくる」。

 今でもこれを言った人間を覚えているくらいにはショックな出来事であり、心を閉ざした原因の一つです。

 自分を変えたいと願うなら、まずはこのようなことを言う人との付き合いを辞めましょう。

 この手の人と付き合っていると自信がなくなり、行動することが難しくなります。

 それはそうとして、ブログを始めたきっかけは自分が「ちゃんとやってる」と誇れるものを持ちたいという願望からでした。

 そして今まで心を閉ざし続けた私ですから、これからは自分を好きを皆に伝えたいと思っていたからというのもありますね。

 それを上手く叶えてくれるのは「ブログ」でした。

 ブログは好きなものを語るのにもってこいの場です。

 旧ブログではウケを狙うような記事を書く傾向がありましたが、新ブログでは自分の見たもの、好きなものだけを記事にし、「私を知りたければブログ読めばいい」となるくらいのものを作っていきたいと考えています。

 ブログを続けるのは非常に困難です。

 記事を書き続けなければならない、様々なことを勉強していかなければならない、しかしそれは大きな成長の機会とも考えられます。

 記事を書き続けることが満足にできるようになれば継続の術を身につけたということですし、様々なことを勉強するのが面倒と思えなくなればそれは学習の術を身につけたことになります。

 これは私がネガティブやストレスに悩まされている最中、できなかったことなのです。

 つまり、ブログをやると成長できるという結論に達したわけです。

 

ネガティブとストレスの沼脱出作戦

f:id:otakulifejp:20170711050756j:plain
 ネガティブとストレスの沼を抜け出すには、正直なところブログだけでは不十分です。

 他にも人と触れ合って、より良い人との接し方を学んだり、知らない場所へ行って新しい発見をしたり、そしてストレスやネガティブ思考を根本的に治す努力をしてみたり、様々なことを何年もかけてやる必要があると思います。

 そのために、今はストレスやネガティブ思考への対策について書かれている本を読んだり、自尊心を高めるにはどうすればいいかを考えています。

 これがどのような効果を発揮するか分かりませんが、きっといい成果を生み出せることは間違いないでしょう。

 

まとめ

f:id:otakulifejp:20170711050830j:plain
 私は昔からネガティブ思考とストレスに悩まされ続けていました。

 今でもそのような思考は続いており、ストレスも溜まり続けています。

 しかし、そのままでは終わらせないと、ブログを核とする様々な行動を開始し、大学を卒業するまでに自分を変えると目標を立てます。

 これから再び始まるブログ、どこまで続くのか分かりませんが、出来る限りやっていきます。

 それではこれからの「無限GEYSER」をお楽しみください。