【映画紹介】パワーレンジャー(2017)

5人で超える。
パワーレンジャー(オリジナル・サウンドトラック)

 今回は、2017年7月15日より絶賛公開中の映画「パワーレンジャー」を紹介!

 これを読めば君も映画館に行きたくなるはず!


あらすじ

Power Rangers: The Official Movie Novel

 かつてエンジェルグローブ高校のアメフトのエースだったジェイソン(CV.勝地涼)はとある事件に関与したせいで自宅謹慎と補修クラス行きの身になってしまった。

 そんな補修クラスで出会ったいじめられっ子のビリー(CV.杉田智和)を助けた縁で、ビリーと採石場へ行くこととなる。

 2人以外にも採石場へ導かれるように現れた若者たちがいた。

 孤立したチアリーダーのキンバリー(CV.広瀬アリス)、孤独な転校生のトリニー(CV.水樹奈々)、そして不登校児ザック(CV.鈴木達央)。

 そこで出会った5人とその時手にしたパワーコイン。

 この出来事が若者たちの運命を変えていくことになる……。


ポイント1:登場人物の成長が濃い!

Saban's Power Rangers: Aftershock (Mighty Morphin Power Rangers)

 本作は5人の高校生がパワーレンジャーに変身して戦うまでを描いた成長物語。

 運命に導かれるように、偶然レンジャーの力を手にした登場人物たちは、特訓や敵との戦いを乗り越え、一人前のレンジャーとして「変身」します。

 この映画では特に変身できるようになるまでが大変で、完全に変身できるようになったのはホントに終盤。

 しかし、それに至るまでの過程を見るのがとても楽しい。

 激しい訓練や、どうしたら変身できるのかを考えたりするシーンなど、今までのヒーローものではあまり深くやらなかったような部分を深く取り上げているのは個人的に推したいポイントです。

 きっと映画を見終わる頃にはレンジャーのことが好きになっている、そんな映画でした。


 また、それぞれの登場人物が様々な問題を抱えており、それを仲間と乗り越えようとするのも、この作品の見どころですよ。


ポイント2:ちゃんと戦隊してる!

誕生

 特に日本の特撮ファンが不安に思っているであろうことは、「アメリカのリメイクだから自分たちの知ってる戦隊じゃなくなってそう」ということ。

 しかし安心してください、ちゃんと戦隊してますよ!


 確かに、原作の原作である「恐竜戦隊ジュウレンジャー」とは全く異なる作品ではありますが、あえて戦隊シリーズに例えるとすれば「忍風戦隊ハリケンジャー」、「魔法戦隊マジレンジャー」が本作に近いような気がします。

 また、バトルシーンにおいて日本の戦隊にもあったようなカッコよさのツボを見事に押さえている感じで、日本のファンでも十分楽しめると思います。


ポイント3:旧作の小ネタが面白い!

Go Go Power Rangers

 本作はパワーレンジャーをかつて見たことある人向けのネタがいくつかあります。

 例えばゾード出撃シーンに流れた曲はTVシリーズのパワーレンジャーの主題歌だったり、エンドクレジットで流れた曲は以前もパワーレンジャーて使われた曲だったりと、個人的には楽曲関係で特にネタが多いように感じました。

 他にもラストシーンに存在だけ明かされた謎の人物の正体は……映画見てからネットでググろう!

(ちなみに、パワーレンジャーの旧作を見ていなくても面白さに関しては特に問題ないのでご安心を)


まとめ

 本作は、ヒーローが好きな人だけでなく、もうヒーロー番組を見なくなったような中高生、そして大人の方まで幅広い世代が見て楽しい作品になっています。

 そんな、パワーレンジャーは冒頭でも述べたとおり、2017年7月15日から全国の映画館で公開中!

 今すぐ劇場へGo! Go!



パワーレンジャー(オリジナル・サウンドトラック)

パワーレンジャー(オリジナル・サウンドトラック)