【映画紹介】仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

俺達が人類を救うんだッ!
仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル[ブルーレイ+DVD] [Blu-ray]
 今回は、仮面ライダーMOVIE大戦シリーズ第6作となる「MOVIE大戦フルスロットル」が面白かったので紹介!

 鎧武のその後の物語、そしてドライブに襲いかかるかつてない脅威の物語をご堪能あれ。
 

進撃のラストステージ

仮面ライダー鎧武 Music Arms (CD+DVD)
 今回の鎧武の映画はいつものパラレルワールドと違い、物語に直結する内容の作品。

 鎧武最終回後を舞台に、侵略者メガヘクスに立ち向かう呉島兄弟と紘汰の物語。

 鎧武本編を全話見た人でまだ「フルスロットル」を見ていないという人はぜひ見てほしい。

 というのも、今回の主役は紘汰ではなく光実と貴虎で、なおかつ鎧武本編で描ききれなかった部分を徹底的に描いているので、鎧武視聴者にとっては感動ものです。

 特に復活した凌馬と戦う貴虎や、舞を救うために銃を乱射する光実など、本編で消化できなかったものを抱えているキャラが大活躍。

 個人的にはこの鎧武パートはMOVIE大戦の中でも一番感動したパートではないのだろうか、と思っています。

 

仮面ライダードライブ

ルパンからの挑戦状

SURPRISE-DRIVE
 続いてドライブは大怪盗「アルティメットルパン」との対決を描いたストーリー。

 正直なところ、ドライブは全く見ていないのでこれが初ドライブとなった訳ですが、それでも十分楽しめる内容でした。

 特にドライブの警察ライダーという変わった雰囲気が個人的にはくるものがありました。

 また、登場人物が皆活き活きしていて、本編を今すぐにでも見たいと思わせられました。

 今度は、しっかりとドライブを視聴した状態で見たいですね。

 

MOVIE大戦フルスロットル

仮面ライダードライブ オリジナルサウンドトラック
 そして、鎧武とドライブが奇跡の共演を果たす「MOVIE大戦フルスロットル」は、2009年公開の「MOVIE大戦2010」のように現行作品が前作の戦いに巻き込まれるというもので、原点回帰のようにも見えました。

 また、今作はMOVIE大戦史上初のWが絡まない作品であり、そういった点も新鮮でしたね。


 バトルシーン、特に終盤のCGシーンは近年のライダー映画の中ではダントツの迫力で、これだけでも十分価値があります。

 更に、鎧武ドライブファン両方に嬉しいサプライズとして、双方の敵であったあのキャラが味方として加勢します。

 一体誰が仲間に加わったのか、ぜひ映画を見て確認してください!

 

まとめ

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル コレクターズパック [Blu-ray]
 MOVIE大戦フルスロットルは最初から最後まで余すことなく「こんなライダーが見たかった!」を実現している作品で、おそらくMOVIE大戦シリーズの中では1、2を争う面白さだと思います。

 また、何度も書きますが鎧武編の龍玄のブドウスカッシュ発動シーンはあまりにもカッコよく、「鎧武最後まで見てて良かった」なんて思えるシーンでした。

 おそらく、「仮面ライダーでかっこいいシーンは?」と聞かれれば真っ先にこれを挙げると思います。

 そんな龍玄のカッコ良さを含め、様々な要素がてんこ盛りで始終興奮しっぱなしのエンターテインメント「MOVIE大戦フルスロットル」はAmazonビデオで配信中!

 さらに、Amazonプライム会員になれば会員特典で無料で見ることも!