【映画紹介】ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

派手に行くぜッ!
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦【blu-ray】

 今回は、ゴーカイジャーの春映画「199ヒーロー大決戦」を紹介!


 滾れ、スーパー戦隊魂。


客演について

嫌な嫌な嫌な奴


 本作の特徴は、最近の戦隊を中心にレジェンド戦士が多く出演していること。

 前作のゴセイジャーはもちろんのこと、各世代のヒーローが多く出演しているため、必ずどこかで共感できるはず。

(画像は「五星戦隊ダイレンジャー」のレッド、リュウレンジャーこと天火星 亮。本作にも出演しています。)



狙われたゴセイナイト


 また、ヒーローだけでなく、 「ゴセイジャー」からブラジラを始め、過去作から再生怪人が多く出演しているのも特徴の1つ。

 そんな中個人的に嬉しかったのは「魔法戦隊マジレンジャー」に登場した冥府神ダゴンの復活。

 マジレンジャー本編では全くレンジャーと戦闘しなかったどころか、死因がレンジャーに倒されたことではなかったキャラのため、今回レンジャー相手に大暴れしてくれたのは嬉しかったですね。


バンク映像について

巨人とカラクリ


 また、本作は過去作からの映像の流用が多く、それも魅力的ですね。

 バズーカ発射シーンや、ロボの必殺技シーンといった通常のバンク映像の他、過去作の本編の映像からロボを切り抜いて合成しているものもあって、当時のままの映像がそのまま感動に繋がっているんだろうなーと感じましたね。



ロボット大空中戦


 そのような映像の中で特に驚いたのが、「轟轟戦隊ボウケンジャー」のエンディング後のミニコーナー「30戦隊大全集」で一瞬だけ使われたバトルフィーバーロボとダイボウケンの同時攻撃の合成映像を使っているところ。

 当時、ボウケンジャーのこのコーナーを毎週楽しみにしていて、なおかつ録画して何度も見ていた身としては非常に感動的であり、「こんな映像も使うんだなー」と驚きもしました。


戦うのはレンジャーだけじゃない

ファンタスティック・ゴセイジャー


 そして、本作のストーリーの話になるのですが、本作はゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊だけでなくこの世界に生きる一般人に焦点を当てた話も展開されています。

 ゴーカイジャー本編でもその手の話はよくあったのですが、今回はそれが特に強調されていたと思います。

 そういう描写から分かるのが、「スーパー戦隊」というシリーズが、いかに団結が強いものかを力説し続けていたかということ。

 レンジャーのように皆も団結すれば強い。

 それがきっとこの作品の伝えたいメッセージだったのだと思っています。


まとめ

トランプ勝負


 どうでしたか?

 スーパー戦隊35作記念の劇場版「199ヒーロー大決戦」は個人的にはス
ーパー戦隊の集合映画の中では一番面白い作品だと思っています。

 そんな本作は現在Amazonビデオで配信中。

 Amazonプライム会員になると無料で見れちゃいますよ。