【映画紹介】仮面ライダーアギト PROJECT G4

死を背負う男と生を背負う男。

今、二人の男が激突する!

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 [Blu-ray]


 今回は「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング」を観に行く記念として、仮面ライダースーパー戦隊合同の夏の映画の第一弾として公開された映画の1つ仮面ライダーアギト PROJECT G4を紹介!




ポイント1:目的が明確なアンノウン

仮面ライダーアギト 第18話


 私は「仮面ライダーアギト」は幼少期に観てた記憶があるんですが、以前紹介した「仮面ライダー555」同様ストーリに関する記憶は殆どと言って程ないんですよね。

 あったとしても、当時読んでたテレビマガジンの知識だったり。

 そういうわけで、本作はほぼアギト未見と同じような立場での視聴でしたが、それでも面白かったです。


 それを決定付ける理由の1つが「分かりやすいアンノウンの行動」

 アンノウンは超能力者が能力を発動する時に出現し、超能力者を襲う。

 というような単純な敵だったため、他のキャラクターの難解なドラマを見るのにエネルギーを使うことができますし、個人的にはこういう敵のスタイルは嫌いじゃないです。




ポイント2:仮面ライダーG4とG3

RAH DX 仮面ライダーG4


 本作から始まる平成仮面ライダーの劇場版ではお馴染みの映画限定ライダー

 「劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」では「仮面ライダーリュウガ」が、「劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」では「仮面ライダーサイガ」と「仮面ライダーオーガ」などが良い例ですよね。

 そして、2017年8月現在絶賛公開中の「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング」では「仮面ライダー風魔」が登場します。


 それはさておき、そんなライダー達の先駆けとなった「仮面ライダーG4」も他の映画限定ライダー同様インパクト抜群で、それに加え劇場版限定ライダーの中でも特に重いストーリーを背負っているライダーです。

 G4の変身者はスーツの仕様により必ず死ぬ運命にあり、本作での変身者「水城史朗」はそれを分かった上で「死を背負って戦うことこそが強い戦い方だ」と主張します。


 それと正反対なのが仮面ライダーアギトに変身する「津上翔一」

 彼は「生きることは美味しい」とし、生きることの素晴らしさを主張します。


 この2人が直接絡むシーンはありませんが、その2つの意見を聞いた本作の実質的な主人公である「仮面ライダーG3-X」こと「氷川誠」は何が正しいのか葛藤。

 その葛藤の末、誠が導き出した答えとは……。



ポイント3:最強フォームの登場

仮面ライダーアギト 第43話


 本作ではアギトのバーニング・シャイニングフォームエクシードギルスがテレビに先駆け登場。

 これは平成1期ライダーの夏映画ならずっとやっていることなのですが、今回のアギトはそれらの中でも1、2を争うくらいの特別感があって、それが故に相当カッコよく決まってるんじゃないのか、と思っています。


 アギトが専用武器のシャイニングカリバーで戦う姿は、やはり映画ということもあって映画なりのとてつもない迫力があって観てて興奮しました。

 シャイニングフォームで戦う際にアギトの主題歌が流れるのも、お決まりの熱い展開という感じがしてツボを抑えた良いシーンだと思ってます。


仮面ライダーアギト 第39話


 エクシードギルスも同様にバトルシーンには興奮したのですが、それ以上に通常のギルスの時にもぎられた腕がエクシードになった途端復活したところでびっくりしましたね。

 幼少期に観てた頃はあまりどうとも思わなかった荒々しい戦闘スタイルも、今見ると生物感があって個人的にはとても好みです。



 また、映画の中で特別なのは最強フォームだけでなく、大掛かりなセットも特別感があって大スケール。

 普段の仮面ライダーでは見られない広い駐車場や、コンビナートでの戦闘、さらに建物内でのドンパチはTV版のそれとは大きく異る独特な雰囲気がありました。

 個人的には最終決戦の広い駐車場での戦闘シーンが好きです。



まとめ

仮面ライダーアギト 第49話

 今回は「劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4」の紹介でした。

 短い映画でありながら、TV版のキャラクターと並ぶほどの深いキャラクター性を持った仮面ライダーG4のドラマにとにかく興奮しっぱなし、というのが一番の感想でしょうか。

 仮面ライダーアギトを見ていても、そうでなくても興味があればぜひ見るのをおすすめします。


 この記事を執筆している日(2017年8月16日)の翌日、「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング」を見に行く予定なのですが、こちらも楽しみです。

 映画館で観次第、記事にするのでお楽しみに!




otakulifejp.hatenablog.com